1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<前月 2019年06月 次月>>
新しい記事
最近のコメント
カテゴリ別
バックナンバー
ログイン
ユーザー名:
パスワード:
RSS
アクセスカウンター
今日:327 /昨日:388
合計:888376
E-mail

トラップ
「ミスター・ブラインド」こと一流ワイン愛好家の
いや、最近は「256分の1男」でお馴染みのN様から



「たまには1本持ち寄りで楽しく飲まない?」
とのお誘い

最初から純粋な飲み会とも思えなかったですが
やはり秘かに「仕返し会」を画策されておられました。

当日、到着するとN様が抜栓中だったので
しばらくの時間、S谷様とその場を離れ世間話

S谷家のセラー内のワインを
完全掌握している私のために
奥さまに都内までワインを買いに
行っていただいたとのこと。

S谷様の持参するワインは
「当てられる」と思っていただけに
参ったなぁ・・

(この後、罠が仕組まれているとは
この時点で知る由もなかった)

まずは1本目
初対面のS田様の持参した赤ワインから

S田様の得意ジャンルは
「ボルドー古酒&垂直飲み」なのだとか。
手強そうです。

「まずヴィンテージを当てよ!」の指令に

キレイに熟成しております。
香りも果実味もしっかり感じられるので

「70年代ぐらい」と
答えると、な・ん・と

「1937年」の「コス」





「78年前」という
私の体験する最古のワインです。
お母様のバースデー・ヴィンテージなんだそうですが
まだまだ元気なワインに衝撃を受けました。

いきなりノックアウトされたまま
K様持参の白ワインに突入。

ここはチャンス!消去法で
「シャブリ」でも「ピュリニー」でもなさそうで
「ムルソー」か「シャサーニュ」にしぼり
「シャサーニュ」で勝負!

結果は



「・・・・」

そんでもって「ピノ・ノワール」

黒系ワインになると自信が無いのでここは外せません!

第一印象はニューワールド。
しかしものの10分で香りや酸も全開で大混乱
第一印象を重視して

「ニュージーランド」で勝負したら

なんと
「カレラ・ジェンセン」



しかもピノ好きN様の持参ではなく
イタリア、&シラー好きのS谷様のものとは
がっくり・・

私の持参した
「フレデリック・ミュニュエ」
「ニュイ・サン・マレシャル」で小休止して



次は「カベルネ系」
これは約10年ぶりの再会となったT様持参のワインだろうか?
T様はワインの引き出しが多すぎて簡単には予想がつきませんが

「豪州カベルネ」で勝負すると

なんと
「ロバート・モンダヴィ・リザーヴ」の
『1994年』



しかもピノ好きのN様
新大陸のカベルネなんて持ってたんですね。

このワインを選んだ理由を伺うと
年末の私のワイン会で出した
このワインが美味しくなかったので
リベンジしたかったそうだ。
う〜ん、執念深い。

ここでまた黒系ワイン

そうなると自然とこのワインはT様の持参。

ちょっと個性的だったので
「南イタリア」で勝負したら



今までに何度も飲んだことのある
トスカーナの「テスタマッタ」。
なんで「サンジョベーゼ」が出なかったかなぁ・・
最大のチャンスを逃した感じ

ひとり1本づづなのでここで終了のはずが
S田様のボルドーワインがもう1本と
さらにもう1本ピノがあるという。

はは〜ん、読めた!
さっきN様は
「ロバート・モンダヴィ」のカベルネだったから
本来はこのピノをセットで飲ませたかったに違いない。
そういえば数年前「アルザス」の
「マルセル・ダイス」を「リースリング」と「ピノ」を
セットでブラインドされたことがあったっけ。
瞬時にそれを思い出し、
自分の記憶力の良さに感心しつつ

「これはロバート・モンダィノのピノでどうだ!」

しかし、なんとこれは

「クスダ・ピノ・ノワール」



そしてN様ではなく
ピノで全くノーマークだったS谷様の
しかもS谷様セラーに収納されているワインだ。

う〜ん、ワイン会が始まる前のあの雑談に
完全に騙されてしまった!

「相棒」の杉下右京のように
「細かいとここが気になるのが僕の悪い癖」が
出ていればこの罠にはまらなかったのに・・
見事にやられたぁ。

最後はS田様の
奇跡のスーパー・ヴィンテージ「1982年」は
まだ2010年産のワインを飲んでいるような
若々しさにただ脱帽(いつ飲み頃になるんだ?)



N様が2年越しで8連敗した屈辱を
わずか1日で味わってしまいました。



しかしどのワインもトップワインばかりで
新たな発見もあって素晴らしかった!
だからハズレても全然悔しくないもん!
と、言い訳までもN様に似てきてしまったのは
言うまでもありません。




| http://blog.area-link.com/kashimaya/index.php?e=963 |
| ワイン | 02:48 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑