1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月 2022年10月 次月>>
新しい記事
最近のコメント
カテゴリ別
バックナンバー
ログイン
ユーザー名:
パスワード:
RSS
アクセスカウンター
今日:64 /昨日:182
合計:1265479
E-mail

ある意味、お宝
先日、ワインを持ち込んで
会食をしましたら



貴重ワインに出会えました。

「ドメーヌ・ド・ヴィレーヌ」の

「リュリー・1er・グレジニー 2015」



ヴィレーヌといえば「DRC」の
共同経営者のひとり。

「アリゴテ種」の功労者でもあります。

私どもでは仕入れても
この「アリゴテ種」のみで

「シャルドネ」は入手不可。

樹齢80年の古木による低収量ワイン。
開けたてはフレッシュ感を感じましたが
徐々に複雑味が広がってきました。

「2015年」ヴィンテージといえば

それまでの「A・et・ヴィレーヌ」から
ドメーヌの切り盛りをしている

甥の「ピエール・ド・ブノワ」に
代替わりを機に、名称を

「ドメーヌ・ド・ヴィレーヌ」になった初ヴィンテージ。

ある意味、希少なワインに出会えました。







| http://blog.area-link.com/kashimaya/index.php?e=1411 |
| ワイン | 06:34 PM | comments (0) | trackback (0) |









(左に表示されているアルファベット4文字を入力して下さい)
http://blog.area-link.com/kashimaya/tb.php/1411
PAGE TOP ↑