1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月 2022年08月 次月>>
新しい記事
最近のコメント
カテゴリ別
バックナンバー
ログイン
ユーザー名:
パスワード:
RSS
アクセスカウンター
今日:122 /昨日:211
合計:1254021
E-mail

ほぼほぼ初体験
さいたま新都心のワインバー「M」さんの
ワイン会に久々に出席。



例年この時期は「うちわ祭」の
「直会」があって時間がとれないのですが

今年はコロナ感染が拡大中とあって
すべての「直会」が中止となり
急遽、参加出来ることになりました。

今回の「お題」は「ボルドー・ブラン」。

普段、ほとんど飲んでないどころか

手持ちのワインもありません。

参加される皆さんの、持ち込むワインも

「ソーヴィニヨン・ブラン主体」の「セミヨン」「ミュスカデル」の
ブレンドという王道ワインだろうし

悩んだあげく、
どうせなら超変化球の

「ボルドーで造ったシャルドネ」
をチョイス。

ブラインドなのですが
経験値がほぼないので
コメントするのも、難しい・・



まず1本目は

少しセミヨンが多めかなぁと思ったら

なんとも珍しい、セミヨン種100%ワイン。



2本目は
キレイな味わいながら、樽の存在もあって
ボリューム感もあり、バランスがとてもいい。

いいと思ったら、やはり王道ワイン

「レ・ザルム・ド・ラグランジュ」



3番目のワインはもっと酸がきりっとしていて
余韻に苦みや、樽の存在がはっきりと。

「ドメーヌ・ド・シュヴァリエ」が
造っている「クロ・デ・リュヌ・ダルジャン」



絶対にソーヴィニヨン主体だと思っていたが
セミヨンが70%なんだとか・・

3000円くらいのワインだそうですが
かなり美味しかった。

4番目は色合いからしてかなりの熟成

アントル・ド・メールの1996年もの。



ここまで熟成が進んだボルドー・ブランになると
合わせる料理は和食ではなく
エスニック料理の方が合うかも。

最後は私の持参したワイン。

あの「ヴァランドロー」がAOCのカテゴリーを無視して
ボルドーで造るシャルドネ
「バッド・ボーイ」



これには、K君から物言い!

「ボルドーで造っているけど
これはヴァン・ド・フランスであって
ボルドー・ブランではないので反則です!」

と指摘されてしまった。
ごもっとも・・

ちょっとさすがに今回はひねり過ぎてしました・・・
















| http://blog.area-link.com/kashimaya/index.php?e=1408 |
| ワイン | 03:29 PM | comments (0) | trackback (0) |









(左に表示されているアルファベット4文字を入力して下さい)
http://blog.area-link.com/kashimaya/tb.php/1408
PAGE TOP ↑