1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月 2022年08月 次月>>
新しい記事
最近のコメント
カテゴリ別
バックナンバー
ログイン
ユーザー名:
パスワード:
RSS
アクセスカウンター
今日:118 /昨日:211
合計:1254017
E-mail

飲み頃ブルゴーニュ
インポーターさんから
飲み頃ブルゴーニュ「2016年」の
キャンペーンワインが入荷しました。



まずは

まずはブルゴーニュ南部の「サントネ村」の

「シャトー・ド・サントネ」から

ドメーヌが所有するさまざまな村名畑のブドウを
アッサンブラージュし、「ACブルゴーニュ」に
「格下げ」しています。

ブドウはビオロジック栽培。
このクラスでも小樽発酵しています。
フレッシュな酸味と豊かな果実。樽香も上品。

    2980円 (税込)



続いて「ムルソー」の造り手

「グザヴィエモノ」から

畑は「ムルソー・リモザン」の区画の隣のもの。
12か月の樽熟成。
新樽は10〜15%使用、他は3年樽までの旧樽を使用。
厚い果実味があり大変リッチな酒質。
酸もしっかりあり、オイリーさとのバランスがいいです。

    3800円(税込)



赤は「シャサーニュ・モンラッシェ」の雄
「ミシェル・コラン・ドレジェ」が引退後
次男の「ブリューノ」が独立。

「シャサーニュ・モンラッシェ」の区画で造った
ベーシックな味わいのピノ・ノワール

    3800円 (税込)



最後は「ジュヴレ・シャンベルタン」の生産者
「ティエリーモルテ」

天才「ドゥニ・モルテ」の弟「ティエリー」の
柔らかい果実味のピノ・ノワールです。

   3980円 (税込)



4000円がデイリーワインと
いえるかどうか別として
高騰し続けているブルゴーニュワインとしては
比較的お求めやすいワインと
なっています。









| http://blog.area-link.com/kashimaya/index.php?e=1407 |
| ワイン | 02:41 PM | comments (0) | trackback (0) |









(左に表示されているアルファベット4文字を入力して下さい)
http://blog.area-link.com/kashimaya/tb.php/1407
PAGE TOP ↑