1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
<<前月 2023年02月 次月>>
新しい記事
最近のコメント
カテゴリ別
バックナンバー
ログイン
ユーザー名:
パスワード:
RSS
アクセスカウンター
今日:163 /昨日:405
合計:1295377
E-mail

オレンジワイン
一か月ぶりの更新になりました。




これまた久しぶりに
さいたま新都心のワインバー「M」さんの
ワイン会に出席。

今回のテーマはなんと

「オレンジワイン」

近年のオレンジワインの高まりを受けて

「M」さんも一度はみんなで勉強しましょう

という趣旨なんだそうです。


しかしながら私自身が
「オレンジワイン」の経験が数える程度、

それも、2019年の「ワールドカップ・ラグビー大会」において

熊谷会場で「オレンジワイン」の中心国

「ジョージア」が試合をするので

オレンジワインを学習した程度。

それ以降、品揃えもしたこともないし
「オレンジワイン」を所望されるお客様も
いらっしゃいません。

ワインのコメントを求められても
ほぼほぼ初心者です。

皆様が持ち込みされた全9アイテムが
なんとも多種多様でした。

まずは王道「ジョージア」

「クヴェヴェリ(=アンフォラ)」という壺で
熟成される独特な製法。

「ルカツテリ種」のものと「ムツヴァネ種」のもの。








日本製の「オレンジワイン」





そして私が持参したイタリアの
「ピノ・グリージョ」や



アルザスの名家「マルセル・ダイス」の
「リースリング」と「ピノ・グリ」のもの



そのほかにも
「スペイン産」、「南仏産」などもありました。






オレンジワインといえども
タンニンの抽出などによっては
味わいにかなり違いが出ています。



オレンジワインの最大の武器は
これまでワインの相性のワイン料理
例えば、エスニック料理やスパイスの強い料理
または和食においても珍味の類いものでも
オレンジワインなら、合わせやすいかもしれません。

勉強になりました。































| http://blog.area-link.com/kashimaya/index.php?e=1387 |
| ワイン | 12:00 PM | comments (0) | trackback (0) |









(左に表示されているアルファベット4文字を入力して下さい)
http://blog.area-link.com/kashimaya/tb.php/1387
PAGE TOP ↑