1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前月 2020年10月 次月>>
新しい記事
最近のコメント
カテゴリ別
バックナンバー
ログイン
ユーザー名:
パスワード:
RSS
アクセスカウンター
今日:249 /昨日:326
合計:1086530
E-mail

固定観念
先週末のスペシャルな
ワイン会のご報告。



ソーシャル・ディスタンスをとって
席を配列し、窓も開けて換気に
気を配っての開幕です。

まずは「9人」しかいない
「3つ星」シャンパン・メゾンのひとつ

「ジャクソン」から

「リューディ」物の「シャン・カン 2005」



「グラン・クリュ」、「アヴィーズ村」の
シャルドネ100%らしく
ミネラル感と上質な酸味が全面に出て
そして厚みもあり、1本目としては
素晴らしい味わいです。

もう1本のシャンパーニュは

「ドゥ・ヴィノージュ」のフラッグシップ

「ルイ・15世 1995」



現行ヴィンテージは「2008年」が
市場に出ているようですが
ことらは25年熟成。

シャルドネの上品さと
ピノ・ノワールの骨格の力強さが
見事にまとまっていて
泡の力強さは、ほぼ無くなっていますが
余韻の長さ、深さはハンパないです。

う〜ん、極上の白ワインを
飲んでいる感じですかねぇ。

そして唯一の白ワインは

「ムルソー」の直球ド真ん中

「コント・ラフォン」



「2009年」という良い年のワインでしたが
かなりの熟成感と溶け込んだ味わいが
感じられました。

しかし、ムルソーを一口飲んで
またシャンパーニュに一口戻ると
完全にシャンパーニュの余韻が力強い。

シャンパーニュ → 白ワイン ではなくて

白ワイン → シャンパーニュ という

飲み方が良かったかもしれないです。

長年の固定観念で凝り固まっておりました。

何事も柔軟にいかないとですね、

後半戦の赤ワインはまた後日に。















| http://blog.area-link.com/kashimaya/index.php?e=1297 |
| ワイン | 02:04 PM | comments (0) | trackback (0) |









(左に表示されているアルファベット4文字を入力して下さい)
http://blog.area-link.com/kashimaya/tb.php/1297
PAGE TOP ↑