1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月 2020年04月 次月>>
新しい記事
最近のコメント
カテゴリ別
バックナンバー
ログイン
ユーザー名:
パスワード:
RSS
アクセスカウンター
今日:228 /昨日:456
合計:1009304
E-mail

コロナに負けず
さいたまスーパーアリーナでの
「K-1」開催が物議をかもしておりますが



そのスーパー・アリーナから
200mという近さにある

ワインバー「M」さんで
定例のワイン会。

開催中止も悩んだそうですが
今回は「開店14周年」企画だったので
「コロナに負けず」で決行されることに。

ということで、
今回は「2006年」ヴィンテージ縛りです。



私が持参したのは

カリフォルニアのシャルドネで
現在は廃業してしまった

「マクレア・ファミリー バルガルビ・ヴィンヤード」



「バチガルビ・ビンヤード」といえば

1976年の「パリ・テースティング」で
白で一位となった

「シャトー・モンテリーナ」に
ぶどうを供給していたのが
この「バルガルビ・ビンヤードという
由緒正しき畑なんですが

ブラインドで出したら
ほとんどの方に
「カリフォルニアワイン」と当てられてしまった。
さすがです・・・

今回は多種多彩なワインがそろい

「スペイン」の「カリエナ種」、(フランスではカリニャン種)



日本の「マスカットベリーA」に「甲州」





ドイツ、ファルツのリースリング



「神の雫」でおなじみの「ローヌ地方」
「サン・コム」の「シャトー・ヌフ・デュ・パプ」



ボルドーの「レイニャック」(メルロ)



そしてトリはシャンパーニュの王道
「アグラパール」



同じ14年の熟成とは思えない
キャラクター揃いでした。

「同一ヴィンテージ」違いというのも
私のワイン会でも一度
やってみいる価値アリですね。






| http://blog.area-link.com/kashimaya/index.php?e=1285 |
| ワイン | 12:58 PM | comments (0) | trackback (0) |









(左に表示されているアルファベット4文字を入力して下さい)
http://blog.area-link.com/kashimaya/tb.php/1285
PAGE TOP ↑