1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前月 2018年06月 次月>>
新しい記事
最近のコメント
カテゴリ別
バックナンバー
ログイン
ユーザー名:
パスワード:
RSS
アクセスカウンター
今日:272 /昨日:312
合計:781787
E-mail

先入観
今回のワイン会はテーマを
「一流生産者」に急遽変更



ブルゴーニュ偏重気味の私のワイン会ですが

今回はボルドーやイタリア、スペインも登場いただいて

「ピエール・ルグラ」 <シャンパーニュ>

「ルフレーヴ」 <ブルゴーニュ>

「ジャン・マリー・フーリエ」 <ブルゴーニュ>

「アルロー」  <ブルゴーニュ>

「ブルーノ・ジュコーザ」 <ピエモンテ>

「テヌータ・ディ・オルネライア」 <トスカーナ>

「シャトー・ジスクール」 <ボルドー> という面々。

まずは「ブラン・ド・ブラン」の注目株

「ピエール・ルグラ」で乾杯



そして唯一のブラインドは
ブルゴーニュ3本とブルーノ・ジャコーザを
含めたブラインド

ピノ・ノワールとネッビオーロ
間違えようがないとお思いでしょが
色調はほとんど一緒なので
迷うはず!
迷いたまえ、一流ワイン愛好家。



と、少しは期待したのですが
やはり一流、9割の方が大正解。

しかしこれは序章

本題は生産者を当てていただく
ブラインド。

やはり一流ワイン愛好家は
知識があるので

白ワイン=「ルフレーヴ」という
イメージが先行してしまい
私の思惑通り全員ハズレ!

正解は

白ワインが入手困難な

「ドメーヌ・フーリエ」



赤ワインの最初が

「ルフレーヴ」



そして「ブルーノ・ジャコーサ」と続き



最後が「アルロー」





まんまと、うまくいきました。

ワインを知り過ぎた一流ワイン愛好家も
ショックを隠せず。



黒系ワインの方は
スペインの
「ペスケラ」に



スーパー・トスカーナの
「オルネライア」のセカンド
「レ・セッレ・ヌォーヴェ」



最後はお久しぶりのボルドー
「シャトー・ジスクール」





今回のテーマは一流ワイン愛好家が
いらっしゃらないと出来なかったわけで
ただただ感謝でございました。



| http://blog.area-link.com/kashimaya/index.php?e=1173 |
| ワイン | 07:09 PM | comments (0) | trackback (0) |









(左に表示されているアルファベット4文字を入力して下さい)
http://blog.area-link.com/kashimaya/tb.php/1173
PAGE TOP ↑