1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月 2018年12月 次月>>
新しい記事
最近のコメント
カテゴリ別
バックナンバー
ログイン
ユーザー名:
パスワード:
RSS
アクセスカウンター
今日:225 /昨日:254
合計:826395
E-mail

女性ヴィニュロンヌ
「限定50名」の狭き門をかいくぐり
ブルゴーニュの女性ヴィニュロンヌ5名が来日した



セミナーに出席するため
「虎の門ヒルズ」51階にある

「アンダーズ東京」へ



東京タワーを見下ろすというのも
不思議な感覚です。







5人の生産者から共通のコメントは

「2016年は、今まで経験したことのない
絶体絶命の年」

7月に振った雹害で
生産量は、通年の20%〜25%しかなく

一本も造れなかった畑のワインも
各ドメーヌごとにかなりあったそうです。

「トロ・ボー」の80歳を超える先代も
今まで生きてきて経験したことのない被害
だったそうです。

日本のマーケットには
2016年産のワインが入荷するのは
ほんの僅かだろうと、おっしゃっておりました。

そして「昨年「2017年」は見事に「V字回復」

ここ数年、ブルゴーニュは連続して雹害を受け
生産量が激減していただけに
数年ぶりの大当たりの年になったと

皆さん、非常にうれしそうに語って
おられました。

また、気温や土壌だけでなく「風の流れる方向」に
よってもぶどうに影響をあることや

畑によって醸造を変えているなど
テクニック的なことも聞けて
大変貴重な時間となりました。

グレイト・ヴィンテージのワインがリリースされる
2年後が非常に楽しみであります。

セミナー終了後は
ミニ試飲会。



チャーミングな「ナタリー・トロ」さんに



まさにマダムな「ソフィー・ミュニュエ」さんに
まざって



ヴィニュロンヌとして風格さえ感じる
千砂さんでした。






| http://blog.area-link.com/kashimaya/index.php?e=1158 |
| ワイン | 06:17 PM | comments (0) | trackback (0) |









(左に表示されているアルファベット4文字を入力して下さい)
http://blog.area-link.com/kashimaya/tb.php/1158
PAGE TOP ↑